AI小説

AI小説

短編小説『誤解の向こう側』(些細なことシリーズ)

第1章:偶然の一言 都会の喧騒が耳に響く中、健太は午後のひとときを楽しんでいた。日差しはまだ温かく、街の雑踏は活気に満ちていた。歩道を歩きながら、彼は周囲の人々の笑顔や会話に耳を傾けていた。そんな平和な瞬間、ふと耳に飛び込んできたのは、2人...
AI小説

短編小説『秘密の一行』(些細なことシリーズ)

第1章:予期せぬ発見 洋介は、週末の午後、自宅のリビングで古書店で見つけた一冊の本に没頭していた。窓から差し込む柔らかな光が、彼の周りを温かく照らしている。この本は古びた装丁が魅力的で、何度も読まれた形跡があり、それがまた彼の好奇心をそそっ...
AI小説

短編小説『カートに乗せた幸せ』(些細なことシリーズ)

第1章:迷いの始まり 真美はスーパーマーケットのレジに向かう途中だった。彼女のカートには、日常的な食料品がきちんと積み込まれている。しかしその中に、ひときわ目を引く商品があった。それは期間限定の高級チョコレートだ。彼女は一瞬の衝動でそれをカ...
AI小説

短編小説『選択の瞬間』(些細なことシリーズ)

序章: 夕暮れの街は、その日の喧騒を背に静かに息を潜めていた。オフィスビルの無数の窓からは、疲れたサラリーマンたちの姿がちらほらと見え隠れしている。その一人、優也は、ほんの数分前に自分のデスクを片付けたばかりだ。彼は今夜もまた、一人で夕食を...
AI小説

AI小説サスペンス『暗闇に隠された恋の謎解き』(たった1日で書けちゃった!)

第1章:日常の中の謎めいた出会い 東京の繁華街を抜ける電車の中、柳田偉生(イオ)は、いつものように窓の外をぼんやりと眺めていた。彼の身長は平均的で、顎には少し髭を生やしており、黒髪のショートカットが整然と整えられている。眼鏡の奥の目は、通勤...
AI小説

AI小説『光と闇の継承者アユミナ』(超簡単に書けちゃった!読んでみませんか?)

第1章:隠された運命 春の訪れとともに、アユミナは村の広場を散策していた。彼女の軽やかなスカートは膝よりも少し上で、朝の光を浴びて輝いている。肩を露にしたトップは風にそよぎ、周囲からは彼女の魅力に対する隠れた羨望の視線が注がれる。しかしアユ...