【解決】つまずいた時の処方箋。踏ん張りどころです。

スポンサーリンク

諦めるのではなく受け入れる、我慢するのでもなく受け入れる。

これができるのと、できないとでは大きな違いがあるんです。

ぐぐぐぅ、、、

くやしい、、

うまくいかない、、

現実と理想の間には大きなギャップ。

そこには、自分がコントロールできるコトもあれば、自力ではどうやっても変えられない出来事があります。

まずは、それを受け入れましょう!

(他人、過去、未来、特定のルールなどは変えられない)

受け入れるしかないんです。💦

ここが踏ん張りどころ。😊

前へ進むために向き合う、変えられないものは変えられないという現実と向き合う。

くぅ〜ん、、

コツは、

良し悪しのジャッジはしない、ここでは感情に流されずに状況をただ冷静に眺めるだけ。

『現実と向き合うこと』。

『現実と向き合うこと』が、自分を責める事だと勘違いしていませんか?

厳しい言い方ですが、それは自分のせいにする事で現実を見ないようにして逃げているのと同じなんです。

自分のせいにして、頭を使わない、現実逃避をしていては、いつまでたっても解決できません。

(悩むのと違って、考えるのは面倒くさいんです。)

悲劇のヒロインを演じて自己満足に浸るは、もうやめましょう。

冷静に『客観的』になること。

コントロールできないモノはできないのですからもう忘れましょう、忘れるしかないんです。

そしてコントロールできるコトに集中すれば良いのです。

『それしかないんです!』💦

自分を責めるのは、もうおしまい!

そこで今回は、

簡単にできるトレーニングを紹介したいと思います、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

(以下の質問に答えて、それを紙に書いてみよう!これだけでも、かなり解決できるかもしれません。)

1、あなたを悩ましているシチュエーションは?

2、その状況はどうして出来上がったの?

3、その状況は、あなたとあなたの環境にどんな影響を与えたの?

4、その後のあなたの行動?、あなたの感情は?

5、その行動で、周りにどんな影響があった?

6、それはコントロールできるの?

7、コントロールできるコトと出来ないコトは何?(できることに集中)

8、次回同じパターンが来た時、どうする?

ここまで冷静に書くことができれば、対処法が見つかってくるかもしれません。

自分のできるコトと、できないコトがハッキリわかれば、むしろ「やるべき事」がシンプルになり迷わなくなります。(辛いですが、受け入れるところです)

どうしても感情に流されてしまい、冷静に書けない人は、こちら↓

◯冷たい水に息を止めて顔を浸す30秒(保冷剤にタオルを巻いて顔につけるでも良い)

◯激しい運動を30秒(バーピー、スクワット、走るなど)

◯深呼吸をする。

ゆっくり4秒すって8秒はくを2分間繰り返す。(興奮していると雑になる、もしくは短くなるのでキッチリ測っておこなう)

そして、もう一つのテクニック。

思いっきり感情的に考えるのと、思いっきり理性的に考える、の2パターンから間を取る方法。↓

◯まずは、あなたを悩ませた出来事を、一つピックアップ。

①それを事実やデータに基づいて合理的に考える

②衝動、感情に任せた対応をしたら何をするのか想像する

③この2つを合わせて状況を考える。

試してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】

まずは、落ち着いて『客観的』に考えてみる。そして、コントロールできないコトは出来ないと受け入れ、自分にできるコトだけに集中しよう!

むか〜しから愛読されている本ですが、近い内容なのでお勧めです。↓

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました