PR

短編小説『譲り合いのワルツ』些細なことシリーズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1章:朝の対峙

朝の通勤の波が、都市の街角を静かに、しかし確実に染め上げていた。太陽はまだ柔らかい光を投げかけ、人々はそれぞれの日常へと足早に進んでいく。健一もその一人だ。彼は今日もまた、この巨大な機械の一部として自分の役割を果たすことを覚悟していた。

しかし、この日の通勤は、いつもと少し違っていた。狭い歩道で、向こうから来る一人の男性と、完璧に一直線上に立ち位置が重なったのだ。男性の風貌は一見すると威圧感があり、その強面からは譲る気のない姿勢がありありと伝わってきた。健一は心の中で一瞬、ため息をついた。朝から、こんなくだらない小競り合いをするつもりはない、だが道を譲る気も起きなかった。

二人の距離が縮まるにつれ、健一の心は高鳴りを覚える。彼は相手の目をちらりと見たが、その視線は直接交わることはなかった。まるで、この無言の勝負において、目を合わせることさえも一種の降伏を意味するかのようだ。

周囲のざわめきは、この小さな緊張感をより一層高めた。人々は自分たちの世界に没頭し、この二人の小さな対立には無関心だった。しかし、健一にとって、この一瞬は、彼の一日を左右しかねない重要な瞬間であった。

歩道を埋め尽くす人波の中で、健一とその男性は、静かに、しかし確実に対峙していた。健一は葛藤していた。この男性に道を譲るべきか、それとも自分の進路を守るべきか。毎朝の通勤が無言の戦いであるように、この瞬間もまた、小さな勝利を求める戦いの一つだった。

しかし、健一はまだ知らなかった。この小さな対立が、予想外の方向へと展開していくことを。

第2章:不器用な譲り合い

健一は、自分も相手も譲る気はないという互いの無言の意志を感じ取りながら、ゆっくりと歩みを進めた。しかし、彼らの間の距離が縮まるにつれ、予期せぬ変化が起こった。男性がふと、一歩横に踏み出したのだ。その動きは、まるで道を譲ろうとするかのような仕草だった。健一は驚いた。彼の強面の外見とは裏腹に、この男性もまた譲ろうとしているのか。

しかし、ここで不思議なことに、健一も同時に同じ方向に一歩踏み出してしまった。二人は再び一直線上に立ち、互いを見つめ合う。一瞬、二人の間には言葉を超えた何かが流れたように感じられた。

健一は内心で苦笑した。これは一体何を意味するのだろうか。彼はもう一度、相手に道を譲ろうと横に動くが、まるで彼らが互いの動きを読み合っているかのように、男性もまた同じ方向に動いた。この間の悪い動きが数回繰り返される。二人は、まるでお互いに合わせたかのような不器用なダンスを踊ることになった。

「あれ?」どうしても反射的に同じ方向に動いてしまう。一直線に立ち、互いを見つめる二人。健一は、この状況の滑稽さに心の中で笑いを抑える。お互いに譲ろうとする気持ちはあるものの、その間の悪さが、どうしても2人を再び同じ地点に立たせてしまう。

まるで合図でもしたかのような繰り返しが、周囲の喧騒から二人を隔離させ、ざわめきは遠のき、二人の間には奇妙な静寂が流れた。彼は、この男性と自分とが、いかに不器用であるかを実感した。しかし、その不器用さが、彼らの間に予期せぬ種類のつながりを生み出しているようにも感じられた。

やがて、健一は開き直るように深呼吸をした。すると、不思議なことに男性も同じように息を吐き出し、二人は互いにニヤリと笑みを交わした。この小さな交流は、言葉を交わさなくても、互いの意志を理解し合える瞬間だった。

第3章:間の悪いダンスの終焉

健一と男性の間で繰り広げられた不器用なダンスは、いまだに周囲の世界を一時的に遮断していた。二人の微妙な動きは、互いに道を譲ろうとする意志と、それを同時に行うことによる間の悪さが引き起こす滑稽な状況。二人は何度も同じ方向に動き、再び向き合う。この繰り返しは、予期せぬ形でコミュニケーションを取っているようにも見えた。

その時、健一は決断を下す。この間の悪いダンスを終わらせるためには、一方が明確に行動を起こさなければならない。彼は深く息を吸い込み、今度こそはっきりと相手に道を譲ることにした。しかし、まるで二人が心を読み合ったかのように、男性も同じ瞬間、同じ決断を下した。

「じゃあ、いいや」と健一が心の中で諦めるように思ったその瞬間、男性も同じように肩の力を抜いた。二人は互いにニヤリと笑い、この不思議な一体感を共有する。その笑顔は、初めて会ったばかりでありながら、何かを共有したかのような温かさを感じさせた。

お互いの距離がもうこれ以上作れないという最終段階で、二人は同時に「お先にどうぞ」と言い、その後にも「では、お先に」と再び同時に言葉を交わす。まるで互いの意志を完全に理解し合っているかのような、この完璧なタイミングのやり取りは、二人にとって忘れられない瞬間となった。

お互いに同時に譲り合った後、健一とその男性は状況の滑稽さに気づき、大笑いした。その笑い声が、朝の静けさを破り、二人の間に突然生まれた友情のようなものを深めた。テンションが上がった二人は、まるで長年の友人のように、今夜一緒に飲みに行くことを提案する。そして驚くべきことに、彼らはその提案すらも完全に同時に声に出してしまった。

「じゃ〜もう今夜、飲みに行きませんか?」という言葉が空中でぶつかり合い、その後の笑い声はさらに大きくなった。この一連の出来事は、二人にとって予期せぬ出会いから始まった冒険のようなものだった。彼らは、名前も知らないままに、互いに深い絆を感じ始めていた。

第4章:予期せぬ夜の冒険

その日の夜、健一とその男性は、近くの居酒屋に足を運んだ。店の暖かい灯りと賑やかな雰囲気が、二人のテンションをさらに高める。最初はお互いの基本的な情報を交換することから始まり、やがて仕事や趣味、人生観に至るまで、様々な話題で盛り上がった。名前も知らなかった二人の間には、今や打ち解けた友情が芽生えていた。

笑い声と共感の言葉が交わされる中、健一はこの男性、高橋という名前の彼との出会いが、どれほど貴重なものであるかを実感していた。高橋もまた、健一との会話を通じて、日常では忘れがちな価値観や感情を思い出していた。

時間が経つにつれ、二人はこの夜をただの出会い以上のものとして捉え始める。彼らは、人生では予期せぬ瞬間に最も意味深いつながりが生まれることがあるという共通の認識を共有した。

その夜遅く、別れ際に高橋は健一に言った。「今日は本当に楽しかったよ。こんな風に偶然出会えたこと、そしてこんなに話せたこと、忘れないよ。」

数日後、なんと、その不思議なダンスを撮影した動画がソーシャルメディアを通じて世界中に拡散され始めたのだ。なぜなら偶然通りかかった一人の通行人がスマートフォンで撮影していたからだった。

その人の動画には「すごく素敵なシーンだったので、つい撮影してしまいました。この動画を、世界にシェアしたい」とコメントを添えていた。

動画は次々と世界中に拡散され、”The Sidewalk Dance of Kindness”(親切の歩道ダンス)として、多くの人々に感動を与えた。

コメント欄には、人々の心温まるエピソードで溢れ返り、見知らぬ人との小さな優しさや誤解から始まる美しい瞬間の体験談が次々と寄せられる、世界中の人々が日々の生活の中での小さな優しさの大切さを共有し始める。

健一と高橋の出会いとその後の小さな優しさの連鎖が、世界中の人々に新たな視点を提供したのだ。

この動画の影響で、健一と高橋は”親切の歩道ダンス”の創始者として世界中に知られることになり、二人の間に生まれた奇跡のような出来事が、世界中の人々に新たな希望と視点を提供した。

この一連の出来事は、2人にとって、ただの通勤途中の出来事ではなく、予期せぬ友情の始まりであり、さらには世界中に影響を与えるきっかけとなった。二人の間に生まれたこの不思議なつながりは、彼らの人生にとって忘れられない貴重な経験となったのだった。

おしまい

他にも些細なことシリーズ書いてます。

読んでちょ↓

短編小説『選択の瞬間

短編小説『カートに乗せた幸せ』

短編小説『秘密の一行』

短編小説『誤解の向こう側』

サスペンス小説『暗闇に隠された恋の謎解き』↓

(コピーもAIに書かせてみたw)心震わせる恋と謎が深まる夜。運命の出会いから始まる秘密と真実の追求。一歩踏み込むたび、予測不能な展開にあなたも息をのむ。

この衝撃の物語、逃すな。

一部抜粋『「また会いましょう」と亜美は言った。その言葉には何か秘めた意味があるようだった。偉生は心を奪われながらも、彼女の謎を解き明かす決意を新たにする。』↓

ライフハックの本も出版してます。↓

https://amzn.to/3epCau2

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント