超一流の人たちがやってきた5つの練習方法。

スポンサーリンク

どんなに凄い人だって、最初は素人。

音楽やビジネス、勉強、スポーツ、全ては筋トレと同じで少しずつ鍛えていくしかない。

ふんっ!

でも、、

これには、ちょっとしたコツはあるんです。

そこで今回は、

『超一流の人たち』が下積み時代に培ってきた5つの練習方法をサクサクッと紹介してみたいと思います。

もちろん実験科学からみても実際に効果があった方法ばかり、そして嬉しいことに、、、

その練習方法とは、誰にでも簡単にできる方法だったのです。

それでは早速いきたいと思います。

押忍!

①どんなにやる気がありテンションが高くても最初は15分から20分の練習にとどめておく。

なんとも意外ですが、研究からも20分以上の練習はストレスを感じてしまうということが明らかに。

ここで、モチベーションの高い人達はつい”やりすぎ”をしてしまい嫌になりやめてしまう、できれば3ヶ月はこのまま(研究結果では250日がベスト)

そして、その後増やしていく。

モチベーションにもバランスは必要です。

②ミスを記録する。

なぜミスったのか?その時の感情は?、苦手だと感じていたのか?

例)『簡単だと感じた時ほどナメてかかり失敗しているぞ』など、自分と向き合い、きちんと原因をつきとめ対策を練る。

優秀な人ほど【ミスの記録】をとっていたということが、研究によって明らかに。

③デッドラインを決める、だが直ぐに成果を出そう考えてはいけない。長期戦です。

やりたい練習を細かく設定して、いつもの行動(掃除、宿題、頼まれごと等)の前に予定をもってくる。

彼らは、目の前にある『やらなくてはいけないこと』に時間が奪われることを知っているので前もってやる内容、時間を決めてしまう。

人の意志とは弱いもので、どうしても直ぐにやらなくてよいもの(つまり練習や勉強、筋トレ)を後回しにしてしまう、気がつくとやらないという選択をしてしまう。

どんなに凄い人だって「豆腐メンタル」なんですよ。

④疲れなければ、それは練習ではないと考える。

やはり多少の負荷(筋トレと同じ)が必要です。

疲れがないと伸びない、終わったあとのやり切った感、疲れの感覚が必要。

そして疲れなくなったら難易度を上げる、つまり15分から20分の練習内容に負荷が感じなければ少しレベルを上げること。

⑤時々ふざける。

あきちゃうから。

続けたくなくなるので、練習最後の数分に『遊び』や『楽しい』を入れる、好奇心を刺激する何か、筋トレならやったことない機械を最後にちょっとさわるなど、単純に楽しめるもの、変化を入れる

以上、5つです。😊

これであなたも超一流!(笑)

最後に面白かった研究から、継続に欠かせないテクニックも紹介。

【目標】をもつだけで、もたない人たちと比べ10%継続力が向上した。

他にも、意識的にそのスキルを身につけると『誓う』25%、具体的な練習を決める40%、具体的な練習計画をつくる50%、練習計画を他人とシェアする65%、一緒に練習する人を見つける95%

それぞれ向上しました。

とく仲間を取り入れていくスタイルに効果が期待できそうですね。

ぜんぶまとめてとりいれてしまおう。

【まとめ】

20分以内の練習から始めて少しずつ負荷をかけていく。そしてミスを記録しデッドラインをつくる。仲間をつくって継続しよう。

チェスの神童と呼ばれただけでなく太極拳の世界選手権覇者でもある著者による本、彼によると『優れた人間の内的技法は競技の種類によらず驚くほど共通している』らしい、、。↓

30日間無料で読み放題!『Amazon unlimited会員』

僕も電子書籍を出版してます。よかったら読んでちょ。↓

Amazon.co.jp : ikuokoge

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました