成長するために必要な3つのこと

スポンサーリンク

最近、自分の成長があまり感じられないと思ったことありませんか?

大きくなーれ。

子供の頃は、、

学年がたった1つ違うだけで身体の大きさや勉強の内容に大きな違いがあり成長がわかりやすかった。

ところが、大人になるとそれがわかりずらく、実感しずらい。

実は、この実感のしずらさが伸び悩みの原因であり、成長が止まってしまう理由の一つ。

人は成長を感じることでモチベーションを上げやる気を出します、そして、感じられないと失ってしまう。

他にもわかりやすいものとして、小学校は6年間、中学校は3年、高校、大学と特に何かをしていなくても学年が1年づつ増えていく、この数字も目に見えて実感しやすい。

これはタダの数字による足し算かもしれませんが、科学によると、人は嘘でも本当でも成長しているという感覚さえあればやる気がでてきて行動を起こしたくなるという実験結果が出ています。

そして、この世の中は成長をし続けている人に優しくできていてチャンスを掴みやすい。

もしすでに目標をもっているのであれば、必ず増えていく数字を意図的につくるようお勧めします。

目標までの道筋は、継続している限り右肩上がりになるのは確実です、ただ、その工程は間違いなくうまく行ったり行かなかったりの繰り返しです。

ダイエットで言うなら上下する体重を記録するのではなく減らした数字のみ(努力した数字ということにして)を書き込む。

チャレンジした数、試したアイデアの数、継続できた日数などなど、とにかく数字の工夫をしてモチベーションを上げていきましょう。

掴んでやるさ。

『でも〜、大人になると脳の成長は止まるんでしょ〜?』という方に朗報。

たしかに、昔の科学では大人(20歳を過ぎると)になると脳の成長は止まると考えられていました。

(これを聞くとやる気が出ませんよね)

でも、安心してください。

今の科学では大人になっても脳は成長は続ける、鍛え続ければ120歳までは成長できると言われています。

もうすでに立証されている事実なのだと知って欲しい。

世界一難しい試験と言われるロンドンのタクシー免許。

免許取得までに平均学習時間が4年かかるロンドンタクシー運転手の調査で(ロンドン市内すべての地図を頭に入れなければなれない)、

脳を調べてみたところ【年齢】に関係なく脳(海馬)が肥大していた、大きくなっていた。

これはテストの成績や計算による数字だけの結果でなく、目に見える物体(脳)じたいも大きなる、成長していたってことです。

ロンドンのタクシー

そして、思い込むことも大切で、

学生を集めた研究ですが、脳は努力によって成長し続けるものだと学ばせたグループとそうではないグループに分けテストの成績を調査しました。

テストの成績はもちろん前者に軍配があがり、その後の追跡調査でも大きく違っていました。

脳はいくつになっても、そして使えば使うほど伸びると同時に、人はいつでも変われることを知れば乗り越えられるようになる。

これを忘れないでください。

そこで、ここからはこの成長に必要な3つのアイデアを書いてみたいと思います。

まずは、上記で書いた、

①脳は変わる、人は変われると知ることです。

やる気、モチベーションは成長を実感することで上がります。

嘘でも思い込むことでもかまいません、自分を心から信じてください。

次は、

②妬(ねた)みを力に変える、です。

意外かとおもいますが、嫉妬、妬みの力をうまく利用すること、悔しいと思うその力が自分をかえ、努力とモチベーションを作ってくれます。

つい誰かを批判したり妬んだりした事ってありませんか?これはチャンスなんです。

何故ならそれが、あなたの羨ましいと思っていること、欲しいと思っている内容だからです。

(もう探さなくてよいのです。)

この悔しい感情を力に変えましょう。

悪い例は、相手を引きづり落とす思考だったり、努力をあきらめ相手を自分のレベルにまで落とそうとする行為、そうではなく、自分が上がる。

羨ましい相手とのギャップを受け入れて向き合う。

つまり、『嫉み』や『憧れる』だけでは痛みが伴わないので成長しずらく諦めの原因にもなります、この時『もう、わたしには無理だから、、』と憧れるのではなく、『まだまだ、私だって』と悔しい気持ちになろう。

あいつばっかり、、、

最後は、③ロールモデルをつくる。

伝記を読んでみたり、メンターをつくるです、ただし天才を参考にするのではなく努力をして成功した人物やストーリーを読むなど。

気をつけて欲しいのは、圧倒的に数が少ない天才をロールモデルにするパターン、TVや情報は派手で印象に残りやすい天才をもてはやします。

カッコよくてドラマ性があり大逆転などで興奮させてくれる天才たち、強く憧れてしまう気持ちもわかりますが(そうゆう情報は視聴率も取れるし本も売れるのでしょう)、そんな希少な人たちは参考になりません、だって私たちは天才ではないのですから、、、

大切なのは、圧倒的に数の多い(←これ大事です)コツコツ努力をして成功を掴んだメンター達を参考にすることです。

架空の人物でも歴史上の人物でも、困難を努力で乗り越えたひとを、ロールモデルにする。

憧れ、尊敬のひとをおもいうがべるだけでも目標達成率があがります。

【まとめ】

成長を感じることでやる気は生まれる。記録は増える数字で書く。脳は120歳まで成長する。憧れる気持ちと悔しい気持ちを両立して、あとは自分を信じよう。

30日間無料で読み放題!『Amazon unlimited会員』

僕も電子書籍を出版してます。よかったら読んでちょ↓

Amazon.co.jp : ikuokoge

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました