【アドバイス】完璧主義の人がハマってしまう優柔不断をなおす方法。

スポンサーリンク

そうなんです。

完璧主義の人は、優柔不断だったのです。

ドスン!完璧だ!

最良の方法じゃないと動きたくない、ベストな選択をしたい、少しでも欠陥があると納得できない、、、

裏を返せば、

失敗がこわい、1番よい選択がわかるまで動きたくない、もっと良いアイデアがあるはずだ、、など。

調べるばかりで具体的な行動におこせない。

これでは、いつまで経っても始められないし何も変わりません。

生活や仕事だって今までのまま、行動を起こさないということは成長も、夢への成功率も上がらない。

“できるのはずのない完璧”を求めて、”できない自分”を追いつめるは終わりにしましょう。

肩の力を抜いて自分に優しく接する、もっと自分を大切に扱ってください。

大切に。

答えは一つ。

『完璧主義』から『最善主義』です。

(失敗を受け入れる主義とも言いいます)

心当たりのある人は、少なくないのではないでしょうか。

まずは、

完璧主義におちいってしまう、または決断ができなくなってしまう4つの原因からあげてみたいと思います。

①悩みすぎて決断できない。

最高の選択を目指してませんか?調べすぎてませんか?

わからなくなってしまい決断までたどりつけない。

ものごとのほとんどは、行動をしてみないとわからないコトばっかりです、6割〜7割ほど調べたら動き出してしまいましょう。

(もちろん調べることも大切ですが、、)

修正は後からでもできますし、経験してからでないと見えない改善点のほうが多いものです。

ほとんどの場合、先に動き出した方が早く正解にたどり着つけます。思い切って始めてしまいましょう。

②取り返そうとする。(サンクコストバイアス)

ギャンブルがいい例ですね、過去の失敗を引きずり今の意思決定が冷静にできない。

異性につぎ込んでしまうのも、ビジネス(投資)でも同じです。

『こんなに使ったんだから、、、』

頭を冷やしさえすれば、やることは決まっているはずです。

サッサと次へです。

③新しい挑戦をしない。

新しい挑戦ほど、準備は整わないもの。(経験が少ないので何が必要なのかすらわからない)

「世の中に完璧な準備などない」という名言を信じて、小さいチャレンジをしてみよう。

準備が整わなくても上手くいくものなんだ、と知れば、チャンスを逃し続ける人生から脱出できます。

④失敗をひきづる。

精神的な部分ですが、、

失敗や欠点が頭の中でなんどもグルグル回ってしまい(反芻思考に陥り)決断がこわくなり行動出来なくなるパターン。

人間は行動してはじめて成果がでるものです、ありのままの自分を受け入れ、囚われるのをやめましょう。

瞑想や運動(体を動かす)など別の何かに集中してみるなどがおすすめです。

「行動したあとの学び」が手に入らないのは本当にもったいないことです。

完璧主義を最善主義に変えていきましょう。

瞑想や運動は気持ちいいよん。

以上のように、

完璧主義の人たちは、準備の段階で膨大なコスト(時間やお金)を非常に多くかけているにも関わらず立ち止まってしまいます。

そして、周囲から嫌われてしまう可能性も非常に高い。

なぜなら、周りの人たちにも完璧を求めてしまうから、、、

自分でもできてないのに求めてしまうので、友人、仲間、部下から嫌遠され孤立する。

(結婚できない人に完璧主義が多いと言われています。たとえ理想通りの完璧な人が現れたとしても相手のほうから、、、)

では、どうすれば改善できるのか?どうすれば最善主義になれるのか?説明していきたいと思います。

まずは上記の原因4つをみて、一つでもあてはまると感じたら、自分が完璧主義者だと認めるところから始めましょう。

そして、

◯過去の自分の成功から学ぶ。(小さいものでok)

準備がなくても成功していた過去を思いだそう、ほとんどの成功は行動がベースになっているんだと気付くはずです。

そっかぁ、動いちゃえばいいんだぁ!と、納得できるはずです。

『あのとき、楽しくて勢いでやっちゃったよなぁ〜』

『△△ちゃんが急に始めるもんだから私もつい、、』

◯自分にとって大切な条件を5つ出し、その中の4つを満たせばokにするなど自分なりのルールをつくる。(3つでも構わないし他の方法でも、とにかくルールを決めてしまう)

決めてしまうと動けてしまうものです。

◯最後は『1%の改善を狙う。』の意識です。(1番効果があった方法です)

完璧主義の人たちは大きな改善を求めて小さな改善を拒否することが多い、そうです。

真逆なんです。

『小さな変化が大きな変化をつくる』、心ではわかっているのに何故か最初から大きな成果を求めてしまう、欲しがってしまう。(絶対にありえません)

つまり『1%の改善を狙おう!』です。

【まとめ】

自分が完璧主義者だと認め最善主義を目指す。小さくてもよいので新しいコトにチャレンジ。そして『1%の改善』を狙い、その1%に満足しよう。

(こちらの2冊お勧めです↓)

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました