部下がついてくるリーダーは◯◯を大切にしている!

スポンサーリンク

ズバリ、答えは『発想力』です!

でも勘違いしないで欲しい、、、

発想力を『大切にすること』が重要なのであって、リーダー自身に発想力が要るのか要らないのかは別だってことを。

ピカリン!

リーダー自身にアイデアがなくても(持ち合わせていなくても)仲間、部下が出してくれるのならそれでよい、そう思えるかどうかが重要です。

そして、

その考え方が、なによりも部下から好かれる大きな要因なんです。

部下たち(チーム)が出してくれたアイデアをどんどんトライ&エラーしていく、たくさんのアイデアをたくさん試して、たくさん間違えて、たくさん修正するリーダーは成績がよく、部下がついてくる。

これはどの業界にも当てはまります。

そして、それが士気を勝手に上げてくれる方法なのです。

部下からみれば、自分のアイデアを上司がいつも吸収してくれて、目の前でチームを巻き込み試してくれる、嬉しくないですか?

あ、ありがとうございます!

リーダーにとって大切なのは、くだらないアイデアの中にも宝が眠っていると知ること。

(くだらないアイデアこそ斬新で新しいアイデアを生むキッカケになる。)

それを普段から皆んなに伝えて共有すること。

試していくうちに連鎖するんです、斬新なアイデアが新しいアイデアを生んでビックリする成果を上げてくれる。

(もちろん、うまくいかない数のほうが多いのですが、、)

どんどん試す、どんどん受け入れることで部下が萎縮せず発言できるになる。

脳みその数は多いに越したことはありません、1人のアイデアなんてたかがしれてます。

だから、リーダーの意識するべきことは、早い決断を何度もまわしてしていくこと。

もちろん失敗もトライの回数も修正の回数も多くて早くなる、とにかく数多く回転させていく。

これがいい循環を生んでいく。

でもその時、失敗やうまくいかない展開に動揺を見せないこと。(心の中は凹んでいてもok。笑)

すぐ、伝染します。

誰かの大切なアイデアです、最後までちゃんと試し切るのを忘れない。

その姿を他の部下も見ています。

【まとめ】

良いアイデアとはひょんなことから生まれるもの、委縮させない雰囲気づくりと数をこなすことが大切です。

新しくスタートアップするひとに読んでほしい。時代の流れを理解するのに役立つと思います、世界に比べて日本がいかに出遅れているのか、、、↓

30日間無料で読み放題!『Amazon unlimited会員』

僕も電子書籍を出版してます。よかったら読んでちょ。↓

Amazon.co.jp : ikuokoge

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました