激安激雑キャンピングカーDIY(ソーラーパネル編)

スポンサーリンク

ついに!ソーラーパネルまでやっちゃいます。

これです。↑

今回購入したのは、大容量ポータブル電源SUAOKIのG1200。

、、なのですがコレ、既に正規販売が終了しているために買えません。m(_ _)m(お陰でお安く買えましたが)

そこで、

お財布事情が厳しくなければ買っていた、いや超買いたかったド本命商品、安心の定番メーカーJackeryを紹介します。

これなら間違いないよ。↓

そして、もちろんソーラーパネルも同じサイトですがこちらがお勧め↓(セット販売もあるみたいだよ)


(この商品の↑車への取付け方法は調べてないのでわからないっす、自分でしらべてねm(_ _)m)

さぁ、まずは、屋根のお掃除からです。

水雑巾がけ、そして乾拭きと綺麗に仕上げてまいります。w

のんびりゴシゴシやっていると、、、

横から奥さんがパシャリ、撮ってくれました。

(今日もい〜天気、日差しが暖かいです(^^))

上から見た図。

まぁ、こんな感じかな?と合わせてみました。

うん。いんじゃない?

ぴったりサイズを合わせるのもめんどーだし、なんだか見た目も良い感じなのでココに決定、そのまま四隅だけマジックでチェック。

すぐに貼ってしまいましょう〜。w

適当、適当。(^^)

そして、先ほどマジックでチェックをした四隅の内側部分に、モリモリとシリコンを塗っていきます。

モリモリ〜w

にゅるにゅる〜

ホームセンターで買ってきた一番安いシリコーン398円(税別)です。

ネットに同じのが売って無かったのでこちらで↓

(僕はホームセンターに行って1番安いホワイト色を買いました。)

ちなみにソーラーパネル1枚にシリコーン1本分使ってます。

ぬりぬり。

さらに2枚目。

塗り塗り。

よし、オッケーと思いきや、、、

どうしよう、意外とパネルが、車の屋根にピッタリと乗らず浮いてしまい隙間ができちゃう。

うーん。

しょーがないので結束テープを使って強引に巻きつけ押さえました。

(シリコンが乾いてから気がついたのですが、この方法だと所々浮いてしまい隙間があるような感じでした。)

やっぱり重石は必要かもです。

ペットボトルにタオルを巻いて置くとか、5キロのお米を袋ごと置くとか、まぁうまいことやってください。w

隙間という隙間は、こんな感じで埋めまくりました。

ここで3本目のシリコンを使ってます。

全体的な絵はこちら↓

[教訓]意外と天井は汚い、重石は必要。w

屋上の作業場所とソーラーパネルの貼り付け部分だけは、念のためかなり綺麗に掃除してます。吹上げました。

家にありものの引っかけ道具で強引に巻いて密着させました。こんなんで大丈夫?

いいんです。どうせネジで止めてしまいますから。w

(真似しないでくださいね)

ネジ穴は、前回のカーテンレールをつけた時と同じで、キリと金槌で叩いて空けました。

(カーテン取り付けDIYの様子↓)

ログイン ‹ wao! — WordPress

車の天井に穴を空けるのって結構勇気がいるんですよぉ、、、w

そして、ドライバーで強引にねじ込んでシメます。

最後は上からネジごと隙間という隙間をシリコンで防水。

横にあるコードはというと、邪魔くさいので

絶縁テープ(防水専用)を使って、

巻き巻きして、、

さらに、その上からエアコン取り付けで使ったテープの残りをつかって束ね、、

(エアコン取り付けDIYはこちら↓)

ログイン ‹ wao! — WordPress

ぐるぐる巻き巻き、、、(使い回し)

なんとなくテープの周りにも残ったシリコーンを塗って気持ち防水強化。w(素人です)

結局シリコンは全部で3本使いました。

そして、充電できているかを再度確認。

わーい、完成!😊

ま、いんでないの?

次は床張に挑戦です。

(↑凄いです。)

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました