損してますよ?時間を取り戻して幸せになる7つの方法。

スポンサーリンク

なにげない毎日、同じように流れていく時間。

でも、気がついてますか?知らないうちに大切な時間が奪われているということを、そして幸せまで、、、

カチ、カチ、カチ、、

そこで、

時間を奪う原因と環境、そしてちょっとしたテクニックを使って、時間を取り戻す方法を紹介したいと思います。

意外にも、、

仕事に執着している人ほど時間にルーズで不幸になりやすいという研究結果があります。

またその逆で、自由な時間を持ち合わせている人ほど時間の使い方がうまく幸福感が高かったという結果もあります。

なぜでしょうか。

それは一見、仕事に執着する人ほど効率が良く、優先順位を考え、賢くこなしてはいるように見えるのですが、

(仕事の時間帯は集中できていて、はかどり結果もでる)

退勤後となると別で、反動がでてしまい朝までお酒を呑んでしまったり、夜にNetflix(動画配信サービス)で映画を見てしまったり、お休みの日は昼過ぎまで寝てしまうetc、、、など

1週間、1カ月と長い期間に当てはめて考えると

睡眠不足や不規則な生活の影響がでてしまい、結果的に効率が悪くなってしまうからです。

(特に効率を考える意識の高い系ビジネスマンに多かった)

あまりにカツカツのスケジュールは短距離競争に向いていますが、長い目でみると考えものです。

自分では出来ているつもりでも結局は効率が悪くなっていたという結果もあるのです。

冷静に振り返って考えてみるのも悪くないと思います。

ある程度の自由時間をもち、すこし余裕を持ちましょう。

その後の研究結果で面白かったのが、

職場環境が、仕事に執着する仕事仲間、同僚に囲まれているというだけでも同じ結果が出てしまったこと。

さらに範囲は広がり生活環境でも、、、

同じ世代の人が忙しく働いている地域や環境に住んでいても、人は流されてしまう。

つまり、忙しい雰囲気にあおられてしまい幸福感がへり、余暇が楽しめない状態になってしまうのです。

『わたしも何かやらなくちゃ、、』

お休みですよ。おちついて!

時間の使い方は人それぞれ、価値観は人によって違うもの。

人生のステージでタイミングもあります、稼ぎたい時期、家族との時間が大切な時期。

その時、その状況で環境を選ぶのはとても大切なことなんです。

まずは、ゆっくり考える時間を確保してから環境を整えていきましょう。

わたしの時間

それでは、

環境以外にもたくさんのテクニックがあるので、いくつか紹介してみたいと思います。

まずは、

①自分は、何をしているときが幸せなのか知っておく。

音楽を聞いている時、読書をしている時、何かをつくっている時?あなたにとって何が幸せですか?

これを理解しておかないと時間がほしいという欲求自体がないため周りに流されやすく仕事(作業)や頼まれごとに時間を奪われます。

どんなものでも構わないので、これがあればokという『自分の幸せ時間』を探しておきましょう。

(ない人は暫定でも良いから決めよう)

最近たのしかったコトでも構わないと思います。

②空いている時間は埋まってしまうもの、やりたいことを先に埋めてしまおう!

(①で知った、幸せの時間を確保しましょう)

これだけでも不思議と時間に余裕が出来ます。

そしてさらに、

埋めた予定に優先順位をつけ、楽しいと思った理由や感情をつけ加えよう。

体を動かして汗をかくのは気持ちいい(ストレス解消なる)、人と話すと楽しい(明るい気持ちになる)、読書で知識を得る(満足感やリラックス)、何かに挑戦する(達成感)など。

自然とその時間を大切にしたくなり、また率先して埋めたくなります。

③嫌なコトを明確にする。

不幸やストレスに感じたことを書き出してリスト化し、やらなくてもよい方法を考える。

(書くことで視覚から頭が整理され行動を起こしやすくなります。)

嫌なことを知るのは、とても大切。

知っておくことで断る理由の準備ができるだけでなく、うまくかわすアイデアも出てきて時間の確保がしやすくなる。

ただし、人間関係の悩みであれば、その関係の『どの部分』が嫌なのかを明確すること。

人は1人では生きられないものです(幸せも得られない)、すべての関係を無くすという極端な発想にはならないように。

④嫌なひと、コトと付き合う時間を最小限にする。

仕事やお付き合いで避けられない時間もあります。(避けられないときのテクニックも重要)

例えば一対一で会うのではなくパーティーにしてしまい、1人1人と話す時間をうまく減らすなど。

外注にだす、思い切ってキャンセル、会議中は頭だけ参加させず考える時間にあてる、瞑想してしまう。

⑤自分の予定を具体的にする。

明日の3時から5時に◯◯の本を読み切るなど。

具体的に予定を入れておくと、ちょっとした突然の誘いを断りやすく自分の時間を取り戻せます。

(理由が具体的だと自然と断りやすくなります。)

人の意思は弱いもので、ちょっとした誘いに予定が曖昧(あいまい)だと断ることができずに奪われてしまう。

⑥1日の行動を記録する。

人間の行動の90%は習慣です、どこに時間が消えてしまうのかキチンと知ること。

記録を見るとビックリしますよ!😊思っている以上に無駄な時間を過ごしています。

夕飯を食べた後に1時間も2時間もTVや携帯をさわってるなぁとか、、風呂上がりに寒くなるまでのんびりしてるぞ、、ベットに入ってから寝るまでの時間ダラダラしているなぁ、読書でもしたら2時間とれそうだな。など。

【まとめ】

人生のステージに合わせて環境を選ぶ。スケジュールは自分の予定を先に入れる。そして、1日の行動をチェックしよう。幸せな時間を増やして幸せになりましょう!

(よかったら、こちらも参考になりますよ。↓)

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました