損してますよ!ぐっすり眠る方法と最高の一日にするテクニック。

スポンサーリンク

睡眠は足りてますか?眠らないともったいないですよ?

(今日1日を整理するために、脳に睡眠を与えて下さい。)

寝不足は混乱したまま。

睡眠が足りなかった『脳』は、あなたが思っているよりも機能が低下しています。

余裕のない脳は、あなたを守ろうとするあまりに周りにいる人達をとして認識しようとします、それだけではなく、嫌いになろうとまでします。

(動物的な自己防衛本能かもしれません。)

さらに相手の感情を読み取ろうとする機能まで低下してしまい、その場にあった対応や判断が鈍くなります。

これを他人の側から覗いてみると、、、

孤独で魅力の無い人間に映り、なるべくなら関わりを持ちたくない人だなと思わせてしまうのです。

寝なきゃ、、

寝ましょう!w

眠気はもちろん、頭痛、吐き気、疲れ、めまい、ストレス、記憶力、肌荒れ、あげればキリがありません。

遅くまで頑張るのも、つい夜更かししてしまうのも勿体ないことなんです。

そこで、

毎日、きちんと眠る習慣づくりを強くお勧めしたいのです。

習慣は2.3日で身につくものではないのですが、手に入れたら最強です。

(時間をかけてでも手に入れるべきでしょう。)

その方法をこれから説明したいと思います。

習慣は長期目線で。

【最初に1つだけ決めて欲しいこと。】

起きる時間を固定し、どんなに寝不足でも必ずその時間には起きると決める。(休みの日も)

ここが決まると他の環境を変えざるをえなくなるのでうまく行きやすいです。

(最初の数日はキツいですが、長い目線で乗り越えて下さい。)

起きる時間に合わせるので、自然と『早く寝る』しかなくなるし、朝をちゃんと起きているので夜は『眠くなりやすく』なります。

そしてもう一つ、

10分以上経っても眠れない時は一旦ベッドから離れて違う事をしましょう、戻るのは、本当に眠くなるまで。

ベッドは眠る時にしか使わない。

ニャー

有名な猿の実験を知っていますか?

『ブザーが鳴るとエサが出てくる檻』に入れられた猿たちが、何日も生活を繰り返すうちに、

ブザーの音を聞くだけでヨダレが出るようになってしまった実験です。

これを利用するそうです。

(人間も動物ですw)

眠くなった時にしかベッドに入らないようにすることで、脳が『寝るだけの場所』と認識してくれるようになり、ベッドに入れば自然と『あくび』(ヨダレ)がでるようになるそうです。

面白い実験結果ですが、効果があるのなら利用しない手はないでしょう。

(夜中に目が覚めてしまい、寝れない時はベロの裏側に1対5の割合で塩と砂糖(蜂蜜)を混ぜたものを一つまみ塗ると効果的だそうです。)

そして朝起きたら、

何か気持ちの良いルーティンをつくり、ポジティブ寄りの『脳』にしてあげよう。

(ベッドメイキングをしてスッキリする、美味しいコーヒーを入れるなど、起きてすぐに行える気持ちの良い習慣を決めて継続する)

すると、朝から自分をコントロール下に置いているという感覚に快感を覚え、

その日1日、幸福感、ストレス軽減など(コツコツする作業も嫌じゃなくなる)の効果もあり、気持ち良く過ごせるようになります。

これが毎日の習慣として繰り返されれば、自然と生活は向上し、やる気からくる未来への収入up、夢の実現へと可能性はさらに広がるはずです。

(シンプルですが効果は高い。)

良いことありそう。

おまけw、

◯キューイを食べて寝ると良いそうです(セロトニンが多く含まれているので質の良い睡眠が取りやすい)

◯『スヌーズ機能』は起きれなくなる訓練をしているのと同じ。

◯朝起きて水を500㎖から1ℓ飲む(寝ている間に水分は多く失われている)

そして大切なこと、

朝にポジティブな一日を想像すると良い一日になり、

ネガティブな一日を想像すると悪い一日になる。

脳は望んだこと、思ったことを叶えようとするから。

(ポジティブな想像は望みを叶えてくれる↓)

【まとめ】

ぐっすり眠れる習慣と気持ちの良い朝を演出して、自分をコントロール下に置いてしまおう!

↓今回の記事が参考になった面白いと思った方は応援クリックお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました